Challenge 25 2025年に向けた日本ソフトウエアの企業戦略

Vision

日本ソフトウエア株式会社は変わろうとしています。
1985年4月に設立されて以来35年が経過しました。
近年は売上拡大に向けた対応が、守りの姿勢が強く出ていると感じております。
つきましては、2025年に向けて市場・社会でのポジションを明確にし、事業運営の将来像ならびに組織と人のあり方・関係をビジネスプランとして策定し、”攻め”の姿勢で成長してITサービス企業を目指して、売上規模の拡大を図りたいと思います。

Challenge

Offensive

高い顧客満足度を“攻め”で実現するための組織基盤の構築

顧客のニーズを的確に把握し、価値のある提案を行い、それに対してきめ細かな配慮と高付加価値サービスを提供することを目指す。

既存顧客の維持、拡大 官公庁ビジネスの取組み 過去人脈の整理、アクセス サービス品質の向上 新規顧客の開拓 組織体制強化

先端技術の調査、研究

新しいシステム技術について、調査、研究を行い、ビジネス化できる部分を検討し提供することを目指す。

デジタルトランスフォーメーションビジネス ソリューション(SAP製品)ビジネス ソリューション(Microsoft クラウド製品)ビジネス

Optimisation

人事制度の確立による組織力の維持・強化

人材の採用・育成・評価、その他必要となる人事制度を確立し、社員が常に帰属意識をもてる会社であり続ける事により、組織力の維持・強化を実現する。

人材採用制度 職務権限制度 人材育成制度 福利厚生制度 人事評価制度 再雇用制度

業務の効率化と高度な経営者意識による最適な組織運営・ 業務遂行

ワークフローの見直しに基づくデジタル化をとおして、適時適切に経営情報を共有して業務の効率化を図り、全社員が高度な経営者意識をもって高付加価値経営を推進する事により、最適な組織運営・業務遂行を行う。

社内申請業務の電子決済化 管理会計システムの最適化 アメーバ経営の徹底