ホーム > 取扱製品紹介 > フレクシェ製品

フレクシェ製品

フレクシェ製品とは

フレクシェは様々な生産スケジューラーの中でも特に、「使いやすさ」と「柔軟性」を重視し、それを兼ね備えた生産スケジューラーです。フレクシェでは、適用対象の業種、工場、工程の事情に応じて、工程毎やオーダー毎にきめ細かなスケジューリングルールを自由に定義することができます。また、充実したモデリング力は適用の自由度を高めています。

>>製品紹介のPDFはこちらから

フレクシェ

フレクシェ製品の特徴

一般的なスケジューリングのためのデータやルールについては、使いやすいユーザーインターフェースを用いて、簡易に設定する事ができ、プログラミングにより標準機能の枠を超えて自由にシステム構築ができるという柔軟性があります。
また、設定を深く突き詰めていくことで特殊なスケジューリングにどこまでも追従していくことができること、そしてさらに特殊な要求に対してはプログラミングで対応できるということこそが「柔軟性」の真骨頂です。
現在および将来において、いざ特殊で複雑な状況に直面したとき、それに対応していける限りないポテンシャルを備えているということこそが、柔軟性のある生産スケジューラの大きな強みです。
さらにオプション製品のFLEXSCHE Editorを利用することで、従来生産スケジューラの敷居を高くしていたデータ作成も容易になります。

期待される効果

効果としましては、製造リードタイム短縮、在庫削減等が期待できますが、それより前の段階で、最も大きな効果としては、「生産に関して、現在の状況を正確に把握出来るようになる」と言う事です。
混沌とした工場では、例えば、下のようなことが不明確なのではないでしょうか。
・現状の製造リードタイムはどれくらいなのか
・各オーダーはいつ製造完了するのか
・在庫の適正量はどのくらいなのか
・どの工程がボトルネックなのか
・設備や機械は必要十分なのか
・原料XXXに対して、いつ、どれだけの量を手配すればよいのか
・生産性を上げるためには、各設備でどういう順番にオーダーを流していけばよいのか
・製造の作業者の中で誰が忙しくて誰がヒマなのか
・どこを改善すれば全体としてどうなるのか

生産スケジューラを核とした生産計画・生産管理システムによって、これらのことが明確になります。「目で見る管理」を実現できる、とも言えます。しかも、過去や現在だけではなく、ある程度未来の状況まで見通すことができます。従って、今後発生しそうな問題に対しても、後追い(泥縄)ではなく、事前に十分検討して、効果的・効率的な対策を施すことができます。

フレクシェ製品の特徴

ガントチャート

■各資源を利用する作業の並びを表示します。
■作業を任意の日時や資源にドラッグしてスムーズに手修正できます。
■在庫量や資源の負荷を組み合わせています。
■ユーザーインターフェースの中心となるチャート行です。

図

在庫量チャート

■品目の理論在庫量の推移や、単位時間当たりの集計値を表示します。
■複数の品目について集計することもできます。

図

オーダーチャート

■オーダーに属する一連の作業を時系列上に並べて表示します。
■工程間の滞留や納期との関係を容易に把握できます。

図

差立チャート

■各資源上での作業順序を調整するための表形式のチャートです。
■作業を表すセルをマウスでドラッグして、資源上での作業の順序を変更したり、作業の利用資源を変更したりすることができます。

図

負荷チャート

■資源の単位時間当たりの負荷率または負荷量を表示します。
■複数の資源について集計することもできます。

図

工程エディタ

■工程のネットワーク構造をマウス操作で容易に作成・編集することができます。
■工程間のリンクに関する設定や、入出力品目や利用可能な資源の関連付けが手早く行えます。

図

他にも現場の生産管理・スケジューラーをサポートする機能を兼ね備えております。

取扱製品紹介(ソリューション系ビジネス)

このページの上部へ