ニュースレターコンテンツ第17回

新規コンテンツ公開のお知らせ

NSKの新たな取組み

この度、日本ソフトウエアでは新たに事業研究プロジェクトを立ち上げました。
様々な課題を抱える企業様へ、最新のIT技術を活用したビジネス促進をご提案するに当たり、弊社のベースアップは勿論、お客様への情報発信にも取り組んで参ります。
初回は、ビジネス手法を変える要因となる、キーワードとして、AI、IoT、RPA、ビッグデータの4つをご紹介致します。

今後、労働人口の減少が確実となる日本の社会。企業が成長を続けていくには、時短勤務の女性や定年後の人材、外国人労働者をうまく活用するほか、人工知能やシステムの導入による職場の変革が必要となっていきます。
そうした働き手の業務改善や働き方改革を行う上で、今回ご紹介する様々な最新技術が既に多くの企業で活用され始めています。

最新技術の導入に向けて

AI、IoT、RPA、ビッグデータを業務に活用する際に、避けては通れないのが最適な開発環境を用意すること。
様々な企業が、現在そうしたシステムの基盤となるプラットフォームを提供していますが、将来的に様々な開発を行うことを見据えたり、企業として導入するにあたる信頼性を鑑みると、選択肢は自ずと絞られます。

そこで、私たちが取り扱う製品で最も適していると考えているのがマイクロソフト社の「Microsoft Azure」です。
将来的にも最新の環境を保ち続けられること、豊富な導入例があり企業としての信頼性があること、そして何より上記のようなクラウド化やAIやビッグデータなどによる、働き方改革を視野に入れて提供されていること。

将来的にも長く使い続けるからこそ、ネームバリューのある信頼できるサービスを選ぶことをオススメいたします。

終わりに

今現在、様々な企業や業界で、働き方改革や業務効率化といった大きな課題に、経営者も現場も悩まされている最中にあります。
そうしたタイミングだからこそ、小手先での解決ではなく、業務やビジネスを根本から見直すことが避けては通れなくなっているのです。

日本ソフトウエアは、ご紹介した「Microsoft Azure」の他にも、業務や企業を支える多くのマイクロソフト製品を扱うプロフェッショナルです。「Microsoft Azure」環境下では、それらの製品も高いパフォーマンスで使用することが可能となります。

将来を見据えた業務改革において、これらの製品の連携性や信頼性は企業様の強い味方となります。導入のご相談や製品へのご質問などございましたら、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

このページの上部へ