ニュースレターコンテンツ第14回

Dynamics365×Office365の連携による
業務の効率化

Introduction

第12回・第13回のニュースレターにて、弊社が提供するクラウド型営業支援パッケージ、「Microsoft Dynamics 365 for Sales 短期導入パック」を
ご紹介いたしました。
今回は、その短期導入パックと連携可能なMicrosoft製品のグループウェア、「Microsoft Office365」との連携についての特集です。
双方の連携によって、様々な業務の効率化や社内コミュニケーションの円滑化が実現できます。
身近なようで意外と知らない、Microsoft製品のシステム連携。
まずは、その最も基本となる部分からご紹介いたしますので、少しでも皆様にお役立ていただければ幸いです。

Microsoft® Office365とは

Microsoft Office365はメール、スケジュール、掲示板、ファイル共有を含むグループウェアの機能と、既に多くの企業で導入されているWordやExcelといった
デスクトップアプリケーションを、Microsoft社がクラウド上にて提供しているサービスです。

Microsoft® Office365

Office365による業務効率化

 Microsoft Office365を活用した働き方改革により、業種を問わず様々な企業で業務効率化や社内コミュニケーションの改善する可能性があります。

Microsoft® Dynamics365とMicrosoft® Office365のシームレスな連携が可能にする、業務の効率化

実業務にあたって「様々な資料を別々のシステムや共有サーバーにて管理されている」といったことがあるかと思います。しかし、同じMicrosoft製品であるDynamics365とOffice365は互いにシームレスな連携を可能にしており、お客様の業務を強力かつ細やかにサポートします。
今回はその一例をご紹介いたします。

別々のシステムを共通IDで利用可能

それぞれ全く違うサービスでありながら、1つのポータル画面からログインが可能です。
しかも、ユーザIDは両サービスで共通のIDを利用できるため、煩雑な複数ID、パスワードの管理が不要です。

様々なビジネスデータとシームレスな連携が可能

業務情報の管理が煩雑化していると、1つの書類を見つけるだけでも労力がかかってしまいます。
たとえば、お客様情報は営業支援システム、訪問や打合せ等のスケジュールはグループウェアで管理を、
商談記録は営業支援システム、議事録、見積り、提案書等の書類をグループウェアや共有サーバー等で管理している、といったことはないでしょうか。

そのような課題について、Dynamics365とOffice365をクラウド上にて連携することで、同一のアカウントでのお客様情報の登録、スケジュール管理に加え、
業務上で必要な書類の確認、修正作業を可能にします。
このような利用シーンを想定したシームレスな連携はお客様へ別々のサービスと感じさせない利便性を提供します。

各Microsoft® Officeアプリケーションとの連携

Dynamics 365では、特定のOffice アプリケーションをフォーマットとして登録することで、Dynamics 365 内のデータをそのフォーマットへ反映することが可能です。
図はWord Excelのテンプレートであり、このテンプレートを各部署、組織で利用することで、レポートの一元化やレポート作成時間の削減、情報の管理をサポートします。

Microsoft® Teamsによる、業務活動のチームへのシームレスな共有

Office365のサービスの1つであるTeamsは1つのアプリケーションから、様々なコミュニケーションツールへアクセスできます。
このアプリケーションを利用することで、チャットやWeb会議を行いながら共有ファイルを同時編集などが出来ます。
Dynamics365と連携することで、Dynamics365に記載、改訂を行うと、Teamsに対してメッセージを共有します。

たとえば、部門を跨ぐような商談においても、Dynamics365に入力した情報がTeamsを通して共有されるため、最新の案件情報をチームメンバーへ
速やかに共有することが出来ます。
このように、1人ではなくチームにて業務を行うことが多い現在では、最新の業務状況を速やかに確認できる環境が重要となっています。

最後に

これらは連携可能な機能の一例にはなりますが、Dynamics365はOffice365との連携により、お客様の業務効率化を支援します。
しかし、Dynamics365を導入するにはコストも時間もかかるのではと懸念されるお客様もいらっしゃると思います。
そうした懸念材料を解決するため、日本ソフトウエア株式会社ではDynamics365 for Salesを短期間で導入するサービスがございます。

弊社ではDynamics365のご提案は勿論のこと、Office365のご提案も承っております。
Dynamics365の導入を検討されているお客様、Office365を検討されているお客様、もしご不明点等がありましたら、まずはご相談からでもご連絡下さい。

詳しいお問い合わせ・資料請求はこちらから *本資料でご紹介しておりますMicrosoft Office365は米国Microsoft Corporationの、米国、日本およびその他の国における登録商標です。

このページの上部へ