ホーム > 会社案内

会社案内

経営理念

お客様に、夢と未来を提供する最適なビジネスパートナーであり続ける。

最適なビジネスパートナーとは、

1.お客様から安心して頂ける会社 2.お客様から信頼して頂ける会社 3.お客様から評価して頂ける会社
以上を通じ、常に成長、発展している会社である。

企業メッセージ

経営と情報のプロフェッショナル

日本ソフトウエアは、『経営と情報』のプロフェッショナルとして経営革新を推進するコンサルタント会社です。
経営革新のための方法論を体系化して、高水準の情報システム技術・コンサルティングノウハウと長年にわたる豊富な経験をベースに革新のデザインからその実現に至るまで、一貫したサービスを提供して、数多くのクライアントを真の成功へと導く、 創造的革新のパートナーとしてこれからも歩き続けていきます。

『ポスト・情報化社会』における日本ソフトウエアの経営

今情報化の時代は終わりを告げ、情報活用の時代が始まっています。IT(情報技術)の飛躍的な発展にともなって、経営はどのように変っていくのか。経営変革を提案する日本ソフトウエアに求められるものは何か。
日本ソフトウエアは何をつくりだしていくのでしょうか。

『情報化』の時代から『情報活用』の時代へ

写真 かつての情報化というのは、いわば情報処理が中心で、人間が行っていた大量の単純作業をコンピュータに置き換える「機械化」のことでした。
しかし、そのような情報化は、ほぼ行きつくところまで来てしまいました。
その次の段階の今は、コンピュータに蓄えられたデータをどう活用するか、コンピュータ同士 が会社や国の壁を越えてつながったネットワークをどう活用するか、つまりデータベースとネットワークの活用が焦点になって来ています。

例えば、データベースの活用ということでは、データマイニングやデータ・ウェアハウスといった、新しいデータ分析手法が注目されています。ネットワークも同様、企業内ネットワークや企業間ネットワークにインターネット技術を取り入れたイントラネット/エクストラネットがブームになっています。
情報活用と言うときには、コンピュータだけを見ていては見えない、コンピュータのこちら側、人間の側の問題というものがあります。

例えば、コンピュータのメーカーや販売会社に対して、情報システムの構築を依頼する場合、ユーザー企業は自分達が本当に活用できるシステムがどのようなものかを正しく把握して発注しなければなりません。
しかし、情報技術(IT)が飛躍的に発達し、また全社規模のシステムが必要になっている今、これは、実は非常に難しい問題です。

かといって、メーカーや販売会社に任せておけばよいかというと、そうした業者は技術的な専門知識は持っていても、顧客企業(クライアント)の業務・事業・戦略に関する知識や理解が乏しく、使えないシステムができてしまうことも多いのが現状です。

しかし現在、企業にはそうした失敗を繰り返している余裕はありません。経済環境の変化に伴って、従来の仕事のやり方そのものを大きく見直し、新しいビジネス・システムを獲得しなければ生き残れないという、大変厳しい状況にあります。
経営システムと先端テクノロジーを一体のものとして、顧客企業(クライアント)にソリューションを提供すること、そうした高度なサービスを手掛けていくのが、日本ソフトウエアです。

日本ソフトウエアのサービス領域

図
日本ソフトウエアは、高度で専門的な情報技術力だけでなく、それに加えクライアントの業務や事業をより円滑に進めるための経営管理技術を落とし込んだサービスを提供してまいります。

会社情報

会社名 日本ソフトウエア株式会社(NSK)
設立 1985年4月
本社所在地 〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-10-3
代表者 矢島 博
TEL 03-5833-7631(代)
FAX 03-5833-7632
メールアドレス hp_info@nsk-japan.co.jp
資本金 ¥60,000,000-
事業内容 コンサルティング系ビジネス
ソリューション系ビジネス
Web/Open系ビジネス
アウトソーシング系ビジネス
NSKグループ 日本ソフトウエア株式会社(東京)
長野日本ソフトウエア株式会社(長野)
エヌエスケイビジネスソリューション株式会社(長野)
上海恩斯凱軟件開発有限公司〈上海市〉
交通案内

・JR神田駅南口より直進徒歩12分
・東京メトロ日比谷線小伝馬町駅出口2より徒歩5分
・都営地下鉄新宿線岩本町駅出口A5より徒歩8分
会社案内

このページの上部へ